医療法人慈恵会西田病院
文字サイズ
診療案内 施設案内 西田病院について 医療関係者の方へ
トップページ > ヘルスケア > インフルエンザの基礎知識

インフルエンザの基礎知識


インフルエンザはウィルスの感染によっておこる病気です。一般的に日本国内では冬から春先にかけてみられ、風邪などに比べると症状が重く最悪の場合には死に至ることもあります。潜伏 期間が2〜5日と短く感染力が強いのも特徴です。
 インフルエンザウィルスは、A型、B型、C型に大分され、A型とB型が流行に関係するといわれてい ます。主な症状は、のどの痛み、咳、鼻水、頭痛、発熱、また関節痛や筋肉痛、下痢 などといった症状もみられます。
 さらに、インフルエンザは様々な合併症を引き起こす場合もあり注意が必要です。

  通常の風邪 インフルエンザ
原因 ・ラノウイルスなどのウイルス
・クラミジア
・マイコプラズマ
・細菌
・寒冷刺激
・インフルエンザウイルス
感染力 ・感染力は弱くウイルスは徐々に増える ・感染力が強くウイルスが気管の粘膜で急激に増加する
主な症状 ・のどの痛み
・鼻がムズムズする
・水のような鼻水
・くしゃみや咳
・腰痛
・38度以上の発熱
・頭痛、関節痛、筋肉痛などの全身症状
・鼻水
・のどや胸の痛み
・下痢や腹痛
流行 ・徐々に感染が広がっていく ・短期間に膨大な数の人に感染する
年齢別死亡率 ・ほとんど変化なし ・65歳以上の高齢者の死亡率がより高くなる
その他の特徴 ・発熱もあるがインフルエンザほど高くなく、重症化することはめったにない ・肺炎などを併発し、重症化することが多い
・短期間に小児から高齢者まで感染が広がる
・65歳以上の高齢者での死亡率が高まる

予防について

インフルエンザの予防といえば、まず予防接種を受けることですが、予防接種を受ければ絶対にかからないということはありません。
かかりにくくしたり、かかっても症状が重くならないようにするためのものとお考え下さい。 また、インフルエンザは空気感染によって広まるため、帰宅した際などは手洗いやうがい、洗顔等をしっかりと行うことが重要です。外出の際にはマスクを着用する事を心掛け、感染を防ぐ工夫をしましょう。

治療について

インフルエンザは風邪症状と似ているため、流行期の12月下旬から3月上旬に疑わしい症状がある場合には、早期に受診し治療されることをお勧めします。早めに受診し治療することは、自分の身体を守るためだけでなく、周りの人にインフルエンザをうつさないという意味でも重要なことです。
※治療については必ず専門医に相談しましょう。

今年は、インフルエンザの流行がマスコミにもかなり取り上げられています、予防接種をはじめとした自己防衛を心掛け、楽しい冬をお過ごし下さい。

ヘルスケア
Health Care
来院される皆さまへ
受診のご案内
健康診断をご希望の方へ
診療担当表
休診予定表
交通案内
西田病院 大分県佐伯市鶴岡西町2-266 電話0972-22-0180
診療受付時間
看護部
求人情報
西田病院公式ブログ
お見舞いメール
部門紹介
医療安全管理室
地域活動
広報誌にしだだより
地域医療連携室