本文へ移動

リウマチ・膠原病内科

リウマチ・膠原病内科

リウマチは今だ原因不明な部分がありますが、人を取り巻く多彩な因子が関与した自己免疫疾患とされています。体の大部分を占める結合組織が侵されて、骨、関節、筋肉などの運動器官の痛みを大きな特徴とする病気です。
治療は原因不明のため対症療法が主体となります。患者様を取り巻く環境因子を改善するため、ご家族を含めて病態を把握して頂き、栄養療法、薬物療法、リハビリテーションな患者様に合わせた治療を行って行きます。
リウマチは焦らずに気を長く持って治療に専念する事が大切です。患者様が病気と仲良くなって心身共に質の高い生活が出来るよう、お手伝いさせて頂きたいと思います。

ドクター紹介

前島 圭佑    
リウマチ・膠原病内科部長

所属学会:    日本リウマチ学会 / 日本臨床リウマチ学会 / 日本内科学会 / 日本臨床免疫学会 / 
       日本免疫不全・自己炎症学会
専門分野:    リウマチ・膠原病        
保持資格:    医学博士 / 日本リウマチ学会専門医・指導医 /総合内科専門医

【ドクターより皆さまへ】
私はこれまで、主に県内外の大学病院で免疫疾患(リウマチ・膠原病など)に特化した診療や研究を続けて参りました。2020年10月から当院で常勤医として勤務することになりましたが、故郷(津久見市出身)である県南の地域医療に従事することは子供の頃からの憧れでしたので、これからの診療を非常に楽しみにしております。県南の患者さんはもちろんのこと、遠方のリウマチ・膠原病患者さんにも「行ってみたい」と思っていただけるような診療を目指して参ります。


非常勤医師
大村 雄一  大分大学医学部附属病院

診察日:火曜日



医療法人慈恵会 西田病院
〒876-0047
大分県佐伯市鶴岡西町2-266

Tel.  0972-22-0180

TOPへ戻る